薬剤師の話

簡単言う薬剤師の話。
今まで病院や薬局に行かず、ほぼドラッグストアにある薬で病気に立ち向かってきました。
理由は注射が嫌いだからです!!
いい大人が何言ってんだ、と思われる方も多いとは思いますが、嫌いなもんは嫌いなんだもん。
と返しておきます。
さて今回は薬局の話をひとつ、最近インフルエンザにかかり、どうしようもなく病院に連れて行かれました。

熱が40度もあっては逆らうこともできず、家族に搬送されました。
その結果大嫌いな点滴を打たれて、熱が下がり始めて、帰るころに。
薬局で薬をもらうことを忘れていました。
母に頼んだんですが、歩けるなら自分でいけと言われて仕方がなく行くことになりました。
で思った。
病院の近くにある薬局って病院の系列か何かと思っていたけど、全く関係ないとこだった。
しかも待ち時間の長さに納得できない。
なぜ薬をだすのにそんなに時間がかかる!?
こっちは死にそうなんだ!
早く出してくれよ!
なんて思ってしまう。
話の続きまた今度で!

2016年6月11日 薬剤師の話 はコメントを受け付けていません。 未分類